歯列矯正ドットコム


歯列矯正ドットコムトップ >  外科的矯正で下アゴを治す
promo-short
promo-long
promo-first-time

外科的矯正で下アゴを治す

マルチブラケットで歯並びを矯正する方法が一般的です。
矯正器具を一年ほど取り付けるだけで、手術などしないのが歯列矯正です。
しかし、中には外科的歯列矯正があります。
『骨格性下顎前突』という治療は、子供は受けることが出来ません。
下アゴが飛び出ている(変形している)状態で、骨が成長する過程で異常が見られたと考えられています。
歯並びではなく、下アゴを元に戻さなくてはならないので、外科的矯正になるのです。
必要であれば、歯を抜くこともあるようです。
アゴの骨が成長しきっていない子供には、将来『骨格性下顎前突』になるかもしれないという予想しか出来ません。
遺伝も関係あるようですが、他の病気みたいに早期発見・治療とはいかないのが現状です。
手術によって骨格を矯正するので歯列矯正とは違い、周りが気づくほど外見が変わるケースも少なくありません。
どちらの歯列矯正をするにしても、事前に医師とよく相談することが大切です。
外科的矯正は健康保険が適用されるので、専門の医師のいる大きな病院紹介してもらうと良いでしょう。


アクアクララ

↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2013 歯列矯正ドットコム All Rights Reserved.

ローン返済額