歯列矯正ドットコム


歯列矯正ドットコムトップ >  歯列矯正と顎関節症の関係
promo-short
promo-long
promo-first-time

歯列矯正と顎関節症の関係

顎関節症は、アゴの関節に異常が見られるものです。
「口が大きく開けられない」「口を開けたらアゴの関節から音が出る」「アゴが痛い」という3つが、代表的な顎関節症の症状です。
これらの症状を放っておくと、めまいや体中の痛みなど症状が悪化してしまうほど深刻なのです。
なぜ顎関節症になってしまうのでしょうか?
頭蓋骨と下顎の骨が繋がっている部分は、骨と骨が擦れないように間に関節円板というものがあります。
通常、しっかりと骨と骨を繋ぐ役割を果たしていますが、関節円板は前や後ろの動きには弱くなっています。
関節円板がずれてしまうと、口を開ける度にカクカクと音がなって違和感を感じるようになってしまいます。
歯列矯正をして噛み合わせを治せば、顎関節症も治ると思っている人も多いようです。
軽い症状であれば、歯列矯正で治るようですが、顎関節症の原因は噛み合わせだけではありません。
力仕事などでの歯を食いしばる・寝ている間の歯軋りなどが挙げられます。
歯軋りは日々のストレスが原因でもあります。
偏咀嚼(片側だけで噛む癖のこと)・頬杖・いつも荷物を持つ方が決まっているなど体が歪むような姿勢もよくありません。
様々な原因があるので治療法も異なりますが、それでも治らない場合は外科的手術を行う場合もあります。
「関節腔内洗浄療法」や「関節鏡手術」などがあります。
顎関節症を防ぐためには、アゴに負担をかけないようにすることが大切です。

↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2013 歯列矯正ドットコム All Rights Reserved.

ローン返済額