歯列矯正ドットコム


歯列矯正ドットコムトップ >  歯列矯正中に気をつけたい食べ物
promo-short
promo-long
promo-first-time

歯列矯正中に気をつけたい食べ物

歯並びを矯正するのが歯列矯正ですが、金属などで歯を一定期間固定する方法です。
場合によっては長期間になることもあり、初めのうちは口の中に金属があるのでとても違和感を感じます。
しかし、しばらくすると慣れてきますが、治療中の食事には注意が必要となります。
食べたことによって装置が外れる可能性があるものはよくありません。
餅・ガム・キャラメルなどの弾力性の高い食べ物は、装置にくっついてしまうので、衛生面にもよくありません。
煎餅やおかきなどの硬い食べ物は、食べるときに力が必要になり、これも装置が外れる場合があります。
キャラメルではなく飴、硬い煎餅ではなく比較的柔らかい煎餅に変えると良いでしょう。
繊維質の食べ物は、食べているときに装置に絡み付いてしまって、あとから取ろうとする時に装置が外れる危険があります。
ネギやホウレン草などが当てはまります。
また、チョコレートのような粘度の高いものもよくありません。
ナッツなども、食べているとき歯と装置に挟まってしまいます。
歯列矯正は、違和感だけでなく痛みも生じます。
その時は、豆腐・ヨーグルト・ゼリー・お粥などの柔らかいものを選びましょう。
食べたいものをいつでも食べられない苛立ちも出てくるでしょうが、治療中だけのことなので、レシピを増やすなど工夫して過ごしましょう。

↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2013 歯列矯正ドットコム All Rights Reserved.

ローン返済額