歯列矯正ドットコム


歯列矯正ドットコムトップ >  歯列矯正中の日常生活の注意点
promo-short
promo-long
promo-first-time

歯列矯正中の日常生活の注意点

メスを使わずに装置を付けるだけという簡単な歯列矯正ですが、長期間にもなる治療の間、日常生活において様々な注意点があります。
治療初めは、金属などを歯に直接付けておくので、違和感や痛みがあります。
なので、痛みがあるとき等は柔らかいものを食べるようにするなど、食事に気を使いましょう。
餅やガムなどの粘着性の高いものや煎餅やスルメなどの固いものは、食べているときに装置が外れてしまう可能性があります。
重たい物を持つときなど力を使う時には、歯はとても重要な役割を持っています。
また、学生のクラブ(ラグビーや柔道など)で激しく体を動かす場合は、マウスピースで矯正中の歯を守らなくてはなりません。
歯だけでなく、唇や舌も関係してきます。
管楽器など唇を使うものは、装着直後はなかなか難しいかもしれませんが、少し練習すればコツを掴めるでしょう。
歯列矯正は歯の表面に行うものと、目立たないように歯の裏側に行うものと2種類あります。
表面の場合は問題ありませんが、裏側に行っている時、発音に若干影響が出る可能性があります。
さ行・た行は舌を歯の裏側に付けて発音するからです。
歯列矯正中はどうしても、歯の表面に金属の装置が目立ってしまいます。
どうしてもという場合のみ、治療を一時中断したり、装置を緩めたりすることができますので、医師の確認しておきましょう。
矯正前にレントゲンや抜歯が行われます。
ホルモンバランスの崩れやい妊娠中の矯正は避ける方が良いでしょう。

↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2013 歯列矯正ドットコム All Rights Reserved.

ローン返済額