歯列矯正ドットコム


歯列矯正ドットコムトップ >  歯列矯正で受け口を治す
promo-short
promo-long
promo-first-time

歯列矯正で受け口を治す

下のアゴ骨が前に出ていることを受け口と言いますが、受け口はとても噛み合わせが悪い症状です。
これは歯並びが悪いのではなく顔の骨格の問題で、遺伝だからと何もしない人もいます。
コンプレックスを感じている人、ぜひ歯列矯正で治しましょう。
下アゴが出ていると、正面や横からあまり見られたくないものです。
昔に比べ少しずつ出てきたという人は、成長する過程または生活習慣などが原因と思っているも多いです。
受け口矯正はなるべく早い時期、幼稚園から始めても問題は無いようです。
遺伝なので骨格が成長するにつれて、受け口が目立ってしまうこともありますので、可能性があると思われる人は注意しておきたいものです。
受け口をあまり気にしないという人は、無理に矯正しようとしないかもしれません。
しかし、外見の問題ではなく、噛み合わせが悪いと体に影響が出る場合があります。
噛み合わせが悪いということは大げさに言うと、体が歪んでいることになります。
これが原因で、頭痛がひどくなったと話もよくあります。
受け口が気になる、または受け口になってしまう可能性があるという人は、医師に相談してみてください。

↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2013 歯列矯正ドットコム All Rights Reserved.

ローン返済額