歯列矯正ドットコム


歯列矯正ドットコムトップ >  歯列矯正で出っ歯を治す
promo-short
promo-long
promo-first-time

歯列矯正で出っ歯を治す

コンプレックスと感じるものの一つに『出っ歯』があります。
これは下アゴが出る受け口とは逆に、上アゴが出るため上の歯が出てしまうもので、子供の頃によく見られる症状の一つです。
出っ歯は国や生活習慣とは関係は無いようで、日本以外の海外でも見られる症状です。
欧米の場合、上アゴの骨全体が前に出ている状態が多いようです。
しかし、日本人の出っ歯の特徴は、横から見たとき上の前歯が斜め前に傾いているため、出っ歯と呼ばれるのでしょう。
欧米人のような上アゴ全体の矯正はとても大変ですが、その点、前歯の部分だけを矯正する日本人の方が欧米人に比べて治療しやすいと思われます。
出っ歯の原因はいろいろあるようです。
子供は、よく風邪などの病気を起こします。
その時に鼻や喉を痛めていると、どうしても口呼吸になってしまい、半分口が開いている状態になってしまいます。
風邪などがきっかけで、日常的に口が半開きの習慣がついてしまうと、出っ歯になってしまう可能性が高くなります。
耳・鼻・喉などの病気が原因である場合が多いので、耳鼻咽喉科などで出っ歯の原因である口呼吸を治すようにしてみましょう。

↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2013 歯列矯正ドットコム All Rights Reserved.

ローン返済額