歯列矯正ドットコム


歯列矯正ドットコムトップ >  悪い噛み合わせによる影響
promo-short
promo-long
promo-first-time

悪い噛み合わせによる影響

悪い歯並びを治すのが歯列矯正ですが、外見のためだけにあるのではなく、体に様々な悪影響が出てくるのです。
噛み合わせが悪いということは、体が歪んでいるということにもなります。
片側だけで食べる癖があると、片方の筋肉ばかり使い骨への負担も偏りが出ます。
この状況を長年繰り返していると歯だけでなく、アゴの筋肉から首や頭の筋肉へと少しずつ疲労感が溜まるようになり、最悪の場合は、頭痛・腰痛・肩こりなどの症状も出てきます。
アゴの関節にも影響が出てきます。
顎関節症・視力低下・耳鳴りなど様々です。
食べ物をきちんと噛んでいるつもりでも、噛み砕けていないので、知らないうちに胃や腸など内臓に負担をかけることになります。
また片方だけで噛んでいる場合は、その歯だけ使うため虫歯や歯周病になりやすいのです。
そのうえ、歯並びが悪いと歯磨きが十分に出来ていないことも多く、歯垢が溜まりやすく悪循環になってしまいます。
上手く噛めないことによってストレスが溜まりやすくなります。
噛み合わせが悪いとなりやすい寝ている間の歯軋りが、ストレスが溜まるとさらにひどい症状になることもあるのです。
思い当たる症状がある人は、一度歯並びを見直してみると良いでしょう。

↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2013 歯列矯正ドットコム All Rights Reserved.

ローン返済額